ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

商品カテゴリ

  • 新着商品のご紹介
  • お宮参り 初着
    • 女児
    • 男児
    • その他
  • でんちセット
  • 七五三晴れ着
    • 三歳女児
    • 三歳男児
    • 五歳男児
    • 七歳女児
    • 和装小物
  • セール商品

お宮参りについて

  • お宮参りのアドバイス
  • 初着の基礎知識
  • 七五三の基礎知識
  • 写真の撮り方
  • 神社一覧
  • お宮参りの晴れ姿
メルマガのご登録はこちら

店主のご挨拶

 はじめまして! お宮参りの着物の店【京の初着屋】 高柳と申します。
 弊社はお宮参り用の初着、七五三のトータルショップです。お子様の誕生、成長という家族の慶事を彩る大切な衣装を扱っております。

インフォメーション

  • 会社概要
  • ご注文方法、納期
  • よくあるご質問
  • 訪問販売の表示
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • おすすめリンク
  • 京都案内

カレンダー

2020年7月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年8月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

※赤字は休業日です

へそまがり京都案内バックナンバー

へそまがり京都案内のバックナンバー「祇園祭 特別号」

 今回は【京の初着屋ニュース】特別号ということで、HTMLメールでお届けしております。
 邪魔になったらごめんなさいです。

 さて、皆様もニュースでご覧になられたかと思いますが、今京都の町は祇園祭の最中です。7月17日には山鉾巡行が行われました。
 今回、特別号ということで、この山鉾の組立を追ってみました。昔ながらの伝統の技と町衆の心意気が生きております。ぜひご覧下さいませ。




 京都市内の日常の風景です。
 趣のある町屋もありますが、どこにでもある殺風景なビルも建ってます。
 道路に開いている御影石造りの穴に注目


 さて、こんな日常の風景に突如として、非日常的なオブジェが出現します。
 これが祇園祭の花形、山鉾です。市内に全部で29基立ちます。


 組立には釘等の金具は用いず、荒縄で縛って組み立てていきます。
 伝統の技が今に息づいています。


 これは新町という通りですが、空に注目!!
 電線が道の上を横切っていません。
 山鉾が巡航するとき邪魔になるからです。
 なにしろ祇園祭は西暦869年に始まったといいますから、電線より大先輩なのです。 当然、電線の方が遠慮します。


 いよいよ私、高柳のお薦め「鉾立て」です。
 てこの原理を応用し、縄で鉾を引っ張り上げます。


 この道路の御影石造りの穴が縄を引く起点となります。
 (前回のメルマガで、縄をみんなで引っ張ると書きましたが、私の思いこみでした。  縄はジャッキで引っ張ります。訂正いたします。失礼しました。(^-^;  )


 さて、いよいよ縄を引っ張ります。


 上がってきました!!


 無事立ち上がりました。


 車輪を付け、床を張り、飾り付けをして完成です。
 この緞帳等の装飾品が重要文化財揃いのすばらしいものです。


 今回は新町通の四条を上がった所にある「放下鉾」を見学させてもらいました。





プレゼント

 今回、見学させていただいた「放下鉾」の「ちまき」を抽選で1名様にプレゼント させていただきます。(プレゼントは終了いたしました)

 「ちまき」とは祇園祭に付き物の縁起物です。京都人はこれを玄関に飾り、一年間の 無病息災を祈ります。ちなみに中にお餅は入っていません(^^ゞ